和顔愛語

投稿日:

『和顔愛語』

この四字熟語自体は知っていました。読み方は『わがんあいご』。と認識していました。

この言葉を演題とする講演を伺う機会があり、それに合わせて改めてこの言葉を調べてみたら、元々、仏教用語で、仏教用語としては『わげんあいご』と読むのだそうです。誤解のないように言っておきますが、一般的には『わがんあいご』という読み方が正しいので、どちらも知っておいてください。

さてさて、本題ですが、この言葉の意味は、和やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接すること』

これを日常の生活の中で実践することで、自分もまわりの人も幸せになれるという素敵な言葉。

実は、この言葉には続く言葉があるそうです。それが『先意承問』(せんいじょうもん)。

この言葉の意味は、『相手の気持ちを先に察して、その望みを受け取り、自分が満たしてあげる』という意味だそうです。

すなわち、『和顔愛語 先意承問』とは、『和やかな顔と思いやりの言葉で人に接し、相手の気持ちをいたわり、先に相手の気持ちを察して、相手のために何ができるかを考え、自分の力を相手のためにそそぐ』と言った意味になります。

その講演会で話をしてくださった先生が、まさに『和顔愛語』という言葉がピッタリの方。素敵な講演が聞け、とても勉強になりました。

教えが実践できるように心掛け、日々の生活を送れるようになりたいと思います。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 日記, ことば, 国語力

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2019 AllRights Reserved.