緊急事態宣言の解除に向けての動き

明るい兆しの話であり、思わず、ちょっと期待をしてしまうニュース。

奇しくも、GW明けの昨日のブログで緊急事態宣言の期間延期措置についての話題に触れつつ、「その日に備えて、ゆっくり、ゆっくり身のまわりの環境を整えていきましょう!!」って書いたばかり。もちろん、『その日』とは、単に緊急事態宣言が解除されるというだけではなく、新型コロナウイルスの脅威が無くなり、以前の日常が戻る日のことでもありますが、まずその第一弾としては、今の緊急事態宣言による外出自粛等から解除され、学校の休校も解かれることなどがあると思います。

そんな中、今朝のニュースで知ったのですが、記者会見で西村経済再生担当大臣から14日をめどに地域別で緊急事態宣言の解除を検討しているとのこと。まず、5月6日の時点で新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが1週間続いている17の県が対象になるそうで、ここ岡山県はその17県のうちの一つに上がっています。

昨日も書いたように、岡山県では緊急事態宣言が延期措置にはなったものの、外出自粛に関しては緩和されるとの発表があって喜んだ人たちも多かったことと思いますが、記者会見の内容の通り、岡山県が緊急事態宣言解除の対象県となれば、いろんな面で緩和されることも多くなるだろうし、子どもたちの休校措置に対しても前向きな措置が行なわれるであろうと期待されます。そしてここまでのStay Homeなどでみんなが協力してきた外出自粛が和らぐことで、なにより心が軽くなるのではないかと思っています。

ただ、逆のその心の喜びが行動のゆるみに繋がって、感染拡大の第二波を引き起こしてしまってはここまでの苦労も水泡に帰してしまいます。もちろん、そのことはみなさん重々ご承知のことと思いますが、いろんな意味でうれしばかりの子どもたちはどうしても油断してしまいがちになると思うので、そのあたりのケアも重要になってくると思います。

いずれにせよ「緊急事態宣言が解除になるかも?」というのは、本当に喜ばしい話。今回の一部解除だけではなく、日本全国が、そして全世界が一日も早く新型コロナウイルスの脅威から解放される日が来ることをみんなで願いましょう☆

 

と、ここまで打って更新しようと思っていた矢先に、本日、倉敷市には初めての感染者(30代男性)が確認されたとの情報。どうなっちゃうんだろう…。

-代表者ブログ, 日記

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)