まほろばキャンプ①

投稿日:2009/08/03 更新日:

昨日の夜は死んだように寝てました。。。(>_<) そのおかげ(!?)で、今日はすっかり元気回復して、朝から一日しっかりと活動することができました。(^^)v 子供たちにキャンプの思い出を少しでも早く渡してあげたいので、さっそく写真の整理に取り掛かりました。(夜になって…) 写真の整理をしながら、何回かに分けてキャンプの様子をご紹介させてもらおうと思っています。 その第1回目。 『出港~土器作り』
写真は、日生港に着いたところから。
日生港に着いて、フェリーが出向するまでしばらく時間があり、その間子供たちはそれぞれ思い思いに過ごしていました。
すると…。
フッと気が付いたら、港に釣りに来ていた子供と仲良く(!?)なって、釣竿を借りて釣りを始めてました。

      ↑   ↑   ↑
  
※一番左端が、釣竿を奪われた被害者の少年(笑)
物怖じしない子供たちの性格と、すぐに誰とでも仲良くなれる子供たちの行動力に感心しながら、思わず笑ってしまいました。
もちろん、魚は釣れませんでしたが…。
鹿久居島へ向かうフェリーの上で、海を眺めてたTちゃんが、波しぶきを見て「シャンプーみたい♪」と一言。

子供たちは見た物からいろんなイメージを膨らませながら、空想の世界で楽しむことができる素敵な力を持ってますね。
だんだん大人になるにつれて、その素敵な力が失われるのは本当にもったいないなぁって思っちゃいます。
Tちゃんが、しばらくの間じぃ~っと海を眺めていたことは、言うまでもありません。
頭の中で何を創造しながら見てたのかな?(笑)
鹿久居島に到着。
桟橋からまほろばまでは、15分~20分程度山道を歩いて移動します。
その道中に見えた海の景色。

ちょっぴり曇ってたのが残念ですが、山から見下ろす海の景色は絶景です。
この景色を眺めながら歩いていると、山道も決して苦じゃなく、とっても楽しい時間。
どんどん先に進んでいく子供たちとは裏腹に、途中ですでに力尽きつつある先生もいらっしゃいましたが…。(笑)
まほろば到着後は、入郷についての注意事項を聞いた後、まずは昼食。
あいにく、雨がちょっとパラパラしていたので外での食事を諦めて屋内でのお弁当。
お昼を食べた後は、少し海辺に行って散歩した後、1時から土器作り。
の予定が…。
海に遊びにいった子供たちが、岩場をどんどん進んで島探検を始めてしまい、呼び戻すのに一苦労。
結局、こちらも子供たちを追いかけて、岩場をかなり遠くまで移動させられてしまいました。(^_^;)
呼び戻した子供たちに置いてきぼりにされ、先生たちの方が遅れたことは言うまでもありません…。(泣)
そして始まった土器作り。
子供たちに粘土を持たせたら、作品作りをしているのか?それともただ単に遊んでいるのか?って感じですが、とっても楽しそうにしている子供たちを見ているとこっちまで楽しくなってきます♪♪

      ↑   ↑   ↑
※写真右隅の人が最後まで一番真剣に作ってました!!(笑)
みんなで約2時間。
粘土と戯れていました。
焼き上がった作品がこちらに届くのが楽しみです☆(^^)/
第2回目につづく。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, イベント

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.