算数かと思ったら数学でした。。。

今日、楓くんと教室で過ごしているときのこと。

「先生、面積の問題でわからないのがあるんだけど…。」と質問してきた楓くん。目の前に具体的な問題がないから、楓くんの説明を聞きながら図に書いて確認したのが以下のような問題。

20150302001

図の中の赤い部分の面積を求める問題。正方形の中におうぎ形を重ねていく関係の面積の問題は小学6年生でよく出てくる問題で、その系統かと思って考えてたらこれがなかなかどうして手ごわい問題。

ちなみに、小学6年生の算数でよく見る図形と言えば…。

20150302002

定番はこんな感じ。

20150302003

ひねりが入るとこんな感じ。実質、上の問題の応用編だけど。

20150302004

ちょっとハイレベル(っぽく見せてるだけだけど…)はこんな感じ。

パッと見、さらにハイレベルの応用編の問題だと思ってたけど、実際真剣に考えてみてると、最終的な答えは√(ルート)も含むので、小学校の算数の知識だけでは解けない似て異なる問題。

楓くんに説明してあげたら納得しつつもかなり頭を悩ませていました。解説を書いたものも渡しておいたので、家に帰ってゆっくりさらに悩んでくれたことでしょう♪♪(笑)

さぁ、みなさんも楓くんに負けないようにチャレンジしてみてくださいね☆

-代表者ブログ, 教室にて

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) , 2019 All Rights Reserved.