ゲームと子どもと保護者。上手な付き合い方。

1冊の本のご紹介です。

そうでなくても悩みのつきない子育て。いろんなことで、悩まれていたり、答えを探したりされている保護者の方は非常に多いかと思います。特に、これまでの生活やルールが通用しなくなったコロナ禍の現在、子どもたちと保護者の関わり方も少しずつ変化が必要です。

そんな時に一つの指針や一つの答えとなりそうな本です。特に子育てにおけるいろいろなテーマに沿ってカバーされているだけでなく、具体策も記されているので、たくさんのヒントがもらえそうな1冊です。

別のサイトでは、この本の中の一部抜粋の形で、切っても切れない子どもとゲームの関係に、保護者としてどのように関わればいいのかについて書かれている情報もありましたので合わせてご紹介させていただきます。

「ゲーム終わり!」と叱っても聞かない子に効くスゴい一言(※DIAMOND online より引用。)

ある意味、「そんな魔法のような一言があるのなら知りたい!!」と思われる保護者の方が大半だと思います。ただ、記事を読むと、単に子どもたちが変わればいいというか、変わらないといけないということより、保護者も子どもたちのことを理解するところから始める相互理解が大切なのだという気がします。

いずれにせよ、完璧な答えのない子育てや子どもたちとの関わりの中で、困っていること、悩んでいることの一つのヒントにでもなればと思います。

-代表者ブログ, 情報, 教育について, 読書

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)