進む勇気。戻る勇気。

事業を進める上で、いろいろな判断を求められる場面は非常にたくさんあります。

もちろん、その時々で真剣に考え、その時点における最善と思う判断をして進めていることはあたり前の話なのですが、それが本当に最善であったかと聞かれると自信をもって「Yes!!」と答えられる判断ばかりが出来ているとは限りませんし、後で「あぁしとけばよかったのかなぁ…」なんて思うこともしばしばです。

特に、今はコロナ禍。誰もがこれまでに経験したことのない状況下で、コロナ禍以前に比べて判断を迫られることはとても多く、難しいものばかり。これもまた正解の無い中で、判断することを強いられる非常に厳しい日々が続いています。

そんな中で、Selfishもまた、今を、そしてこれからを考え、決めていかないといけないところにあります。

立ち上げからここまでは、必要とされる場になること、必要とされる場であり続けること、そして必要してくださる一人でも多くの子どもたちの居場所となれるように、前に進む勇気だけをもってやって来ました。

ただ、そんな思いだけではどうにもならないこともあるし、ましてや、このコロナ禍においては、立ち止まることや戻ることが正しい判断だと感じる場面も多々あります。

普通に考えたら、前に進む勇気はとても大きく、強いものが求められ、その勇気はなかなか持てないからこそ、前に進んでいる人を見ると素直にスゴイと感じられるんだと思います。

でも、本当に難しくて、大きく、強いものが求められるのは戻る勇気。特にビジネスにおいては、一度進めたことや、がんばっていたことを戻すことには非常に躊躇いが生まれるため、なかなかその決断をするのはキツイものがあります。

こんな時だからこそ、ゆっくり立ち止まって考え、足元を固めることも必要だし、少し後ろに戻ることが安心や安定につながるのであれば、勇気もって後退することもまた必要な判断。

今だからできること、今だからしないといけないことをしっかり勇気をもって判断したいと思います。

-代表者ブログ, 活動, ひとり言

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)