気を抜くことなく…

IくんとがSelfishに通い始めたのは中学2年生のときだったと記憶しています。学習に対して、決してやる気がないとか絶対的にやらないといった類ではなく、がんばってはいるものの、ポイントがズレていたり、なかなか思えられなかったり、忘れやすかったりと、成果に結び着くことが難しいタイプ。おまけに、まわりから見てがんばっていないことはないと思えるぐらいだから、本人の中ではものすごくがんばっていると思っているため、更なるステップアップにはつながりにくかったこともあり、正直、かなり苦労はしました。

そんな中、心配していた高校受験もクリアして志望校に合格し、これまた決して順風満帆とは言えないものの、高校生活も楽しみながら一年一年を重ねて迎えた高校3年生の今年度は、卒業後の進路について、本人の希望も含め、いろんな形を考え、理想と現実のギャップも考慮しながら進学に向けて取り組んできた一年でありました。

そんなIくんも、無事に進路が決まり、春からは専門学校で自分の好きな分野の勉強をがんばることになりました。

Selfishに通い始めた当初は、高校進学も危ぶまれるほどの成績だったため、保護者の方もかなりご心配されていましたが、一緒にがんばってくださり、ここまで来れたことを安心するとともに喜んでくださいました。本人からも「いい知らせがあります!!」と授業時に報告してくれたうれしそうな笑顔が、こちらにとっては最大のご褒美になりました☆

無事に進路も決まり、本人もホッと一息付ける時期ではありますが、生活も勉強も安心して気を抜いてしまうことなく、4月に向けてできる準備を最大限がんばって欲しいと思っています♪♪

そして、もちろん4月からも…。

-代表者ブログ, 教室にて

© 2021 NPO Selfish(セルフィッシュ)