衝撃的なデータ…。ちゃんと日本人になろうよ!!

投稿日:

文春オンラインに掲載されていた衝撃的なデータの記事。

OECD(経済協力開発機構)による国勢調査の結果。衝撃の事実は、

「先進国の成人の半分が簡単な文章を読めない」

という内容。

記事を先に読んだだけなら、

「世界の先進国の中にはそんな国があるんだ…。」

って思ったかもしれないけど、先にタイトル見ちゃったから違う意味で衝撃だった。そのタイトルが、

言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」

というもの。もちろん、そのタイトルが衝撃的で内容が気になったので、記事を読んだわけですが…。

記事の中にあった衝撃的なデータをご紹介すると、

「国際成人力調査」の結果概要
(1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。
(2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。
(3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。
(4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

と書かれていました。特に(1)と(2)は教育に関わっている人間としては非常にショッキングな話。3分の1の日本人が日本語が読めない上に、小学校3~4年生以下の数的思考力しかないという。

たしかに、子どもたちだけでなく、社会人になっている人たちを見て日本語力や計算力、基礎的な数に対する思考力が低下していると感じることは多々あるのですが、それがまさか3分の1にも及ぶという調査結果とは驚き以外のなにものでもありませんでした。

中でも、数的思考力に関しては、教科として考えても得手不得手があるので、少なからず仕方ないとも言えるし、それは同じく教科としての国語であればある程度仕方ないという考えもできないではないが、日本人が『日本語が読めない』と言われたら、同じ日本人としてかなりショックだ…。

また、記事の中では上記の内容のデータの詳細に加え、具体的な問題等も掲載されているので、是非ご覧になってチャレンジしてみてください。(記事へは上記リンクからどうぞ。)

それにしてもこのデータは本当にショックだわ…。

子どもたちが、将来、このデータのようになって困らないように、学習場面によってしっかり力を身に付けてあげられるようにがんばりたいと思います。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教育について, ひとり言, 教訓

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2019 AllRights Reserved.