“我慢ができる”と“我慢をさせられている”は違うのです。

投稿日:

子ども自身が『我慢』しているということに違いはないが、その中身には大きな違いがある。

“我慢ができる”と“我慢をさせられている”。

大人はその違いがちゃんとわかっているはずです。でも、わかっているがゆえに、そして、そうあって欲しいという願いがあるがゆえに、その目は曇り、目の前にいる子が“我慢ができる”と思っている(思いたい)けど実際は…。

基本的には、子どもたちは“我慢ができない”もの。だから、赤ちゃんは泣くし、小さい子ほど天真爛漫に自分の気持ちに素直に行動し、感情表現をします。

そんな子どもたちが、いきない“我慢ができる”ようになるわけないですし、そこまでの間にきちんとした関わりをしていないのに“我慢ができる”ようになったとしたなら、それが“我慢ができる”のではなく、“我慢をさせられている”に違いないのです。

その根本的な違いは、自分の意志でしているか、他人の意志でしているかだということは言うまでもないこと。

では、どうすれば子どもたちが自分の意志で“我慢ができる”ようになるのか?

そのために必要なのは普段からの子どもたちとの関わり方の中で、その子自身のありのままの姿をしっかり認めてあげたり、きちんと受け止めてあげたりして、子どもたちの心を満たしておいてあげること。

その普段からの積み重ねにより、子どもたち自身がしっかり自分の気持ちをコントロールできるようになるとともに、状況判断と理解ができるようになることで、自らの意志で“我慢ができる”ための力が芽生え、育つのです。

一番大切なことは、“我慢ができる”力そのものが育つことではなく、そこにつながる自分の気持ちを自分の力でコントロールできる力を育ててあげることだということをお忘れなく☆

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教育について

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2019 AllRights Reserved.