寝相で分かる人の心理

投稿日:2006/12/28 更新日:

私は雑学大好き人間で、暇があれば雑学関係の本を読んだり、いろんな雑学の情報を探してあちこちへ。

今日はちょっとおもしろい雑学知識を見つけたので皆さんにご紹介♪アメリカの精神分析医のサミュエル・ダンケル博士が「寝相と人の性格には、ある一定の関連がある」と主張しているそうです。

その関係は…

(1)大の字で仰向けに寝る人
包容力があり、自信家。

(2)うつ伏せに寝る人
几帳面。自己中心的な性格。
これはベッドを独り占めしたい気持ちの表れと考えられるとか。

(3)手首と足首を交差させて寝る人
人間関係や仕事上の悩みや不安を持っている。また、些細なことで
悩みやすい。

(4)ぐるりと丸くなって顔やお腹を隠す人
依存心が強い。自分の殻に閉じこもりがち。
これは防御体制のポーズと考えられている。

(5)膝を曲げて横を向いて寝る人
環境の変化に適応しやすく、精神状態が安定している。また、人に
安心感を与える性格を持っている。

自分がどのタイプにあてはまるか考えてみました。

よく足首を重ねて寝ているから(3)は考えられるし、寝苦しいときはよくうつぶせになって寝てるから(2)もあてはまるなぁ…。

でも(5)の体勢でも寝てる気がする。これは腰痛対策のために膝を曲げて寝ているのと、単に寒くて縮こまっているだけのような気が……。

この3つをトータルして考えると、どんな性格の人間なんだぁ???

さぁ、あなたはどのタイプの寝相ですか?

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 雑学

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2017 AllRights Reserved.