岡山県で学校現場の教員を目指します!!(って人が増えてくれたら…)

投稿日:

岡山県をはじめ、各市町村での平成29年度の教員採用試験の詳細が発表(すでに1ヶ月前の話ですが…苦笑)されましたが、大幅な変更が設けられて受験機会や合格への可能性が大きく広がっています。

変更点は5点ほどありますが、その中で特に大きな変更点がこれ!!

20160228001

詳細は、岡山県教育委員会のHPにて。→ 平成29年度岡山県公立学校教員採用候補者選考試験の実施について

受験年齢制限撤廃

これまで44歳以下とされていた受験年齢制限が撤廃されたこと。自分自身、私立高校での非常勤講師としての勤務を経験した後、それまでは避けてきた教育現場での勤務も「悪くないかも!?」と思ったものの、その時の気持ちを遮った大きな一つのハードルがこの受験年齢制限。その当時はたしか35歳までで、受験機会が1回あったかなかったかといった感じで、その気になるのがちょっと遅かったなぁ…って思ったことを覚えています。

その後も少しずつ年齢制限の変更や特例措置があり、受験機会はどんどん広がっていましたが、今回その制限が撤廃されたことで年齢を気にすることなく本当に教員になりたい人がその目標に向かってチャレンジすることができるようになったことはすごく大きなこと。

以前、大学の教授の退官記念会に参加した際に、広島県の教育委員会の関係者と話をしたときに岡山県より少し早く年齢制限を撤廃し、教育界以外での社会人経験者を教育界に受け入れていくという話、そして、大学卒業後に他の分野で活躍されていた先輩が採用試験にチャレンジして教員を目指すという話を聞いて、是非その経験を教育の現場で活かして欲しいという話をしました。

その時には「岡山県にはないからねぇ…」と話したのですが、来年度からとうとう岡山県でその可能性が出てきたということは岡山県の教育界にもその風が吹く可能性ができたということ。これはすごく期待できる話だと思います。

いざ、チャレンジ!!

これを機に、遅ればせながら、岡山県にて学校現場の教員を目指します!!

と言いたいところですが、今の自分には現在抱えている仕事の関係でそれは無理な話でして…。苦笑

自分にはできないことなので、いろんな社会経験を持ち、教員になって子どもたちを育てたいと願っている人たちがどんどん教育現場に出て“風”を吹かせてくれたら、子どもたちにとっては大きなプラスになると思います。

有資格者だったけど、受験年齢制限で諦めていた方は、これを機に是非チャレンジして欲しいし、この制度改革で教員を目指す人が少しでも増えてくれたらいいですね☆

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, ひとり言, 知識

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2017 AllRights Reserved.