SAWANキャンプ in ランプーン③

SAWANキャンプ in ランプーンのご紹介の第3回(最終回)。

ランプーンセンター3日目(8月31日)~9月1日のバンコク到着までの様子をお伝えします。

3日目は2日目よりも早く朝5時から活動開始。
必然的に起床時間は1時間早まり、子どもたちは4時50分起床、こちらは4時半に起床。

おまけに、前日の夜はスッタフミーティングがあり、それが終わって寝たのが2時前。

メッチャ眠かったけど、早朝から元気な子どもたちに元気を分けてもらいながらがんばりました。

3日目の朝は、ランプーンセンター近くの山の上にあるお寺への山登りから始まりました。

この写真は降りた後撮影したものですが、登り始めの5時はさすがに真っ暗。(あまりに暗すぎて写真が写せませんでした…。)
下から約500段の階段を一気に上まで登ります。

あいにくの曇り空で楽しみにしていた日の出は拝めませんでしたが、みんなで元気に登った後、上から大声でそれぞれの夢を叫びました!!

ランプーンセンター近くに住む野鳥のために、みんなで鳥小屋作りをしました。
板からのこぎりでパーツを切り出し、金づちと釘でトンカントンカン。
最後は、班ごとに思い思いの色を塗り、SAWANの名前と班全員の名前を書き込みました。

鳥たちが入って、小屋として使ってくれているといいな♪♪


 
みんなでSAWAN大運動会もしました。

ドッチボール、フットサル、竹馬、竹ムカデとたくさんの種目で班ごとに競い合いました。
竹ムカデは、最初全然進めなかったけど、どんどん上手になってチームが一丸となって後半もデッドヒートでおもしろいレースになりました。

子どもたちの集中力は侮るべからず!!

子どもたちと団長の集合写真。
みんないい顔しているでしょ?

最後の夜は、みんなでコムロイに夢を託して大空へと飛ばしました。

コムロイが空へ登っていく間、子どもたちはそれに向かってずっと自分の夢を叫び続けました。
遠く遠くの空へ飛んでいくコムロイにみんなの夢をいっぱい乗せて…。

コムロイ飛ばして、みんなでキャンプファイヤーをしてランプーンセンターでのすべての日程を終了。
お世話になったスタッフと涙の別れをして、バスは一路バンコクへ。

翌朝7時、みんな無事にバンコクへと到着しました。

お父さんやお母さんがお迎えに来られる会場にみんなの夢マップを広げてお披露目。

それぞれの夢マップを皆さんに見てもらいながら、最後にそれぞれの夢マップを大切に持ち帰りました♪♪

もちろん、大変なこともたくさんあったけど、それ以上にたくさんの出会いや感動、貴重な体験をたくさんして、子どもたちはもとより大学生スタッフも現地スタッフも同行スタッフも一回りも二回りも大きく成長できた最高のキャンプになりました!!

こんなステキなキャンプをもっともっとたくさんの子どもたちに体験してもらい、どんどん成長してもらいたいと願っているので、今後もチャンスがあれば日本から子どもたちを引率して参加していきたいと思っています。

興味のある方は、今回ご紹介した写真以外にもキャンプの様子がいろいろ見られる写真がたくさん(約1,000枚)あります。
今回のランプーン以外にも、前回のパタヤやその前のピタック島の写真等もありますので、見て、夢を膨らませて、次回は一緒に参加しましょう!!

これにてSAWANキャンプ in ランプーンの様子のご紹介は終わり。。。

See you next time!! (^^)/

-SAWAN

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) , 2019 All Rights Reserved.