学校と家庭。そして第三者の存在意義

投稿日:

学校には学校の思いがある。

家庭には家庭の思いがある。

すべての思いは“子どものため”である。と信じている…。

でも、中にはそうでない人もいる。世間体とか見栄とかプライドとか、子どもには関係ない大人のものさし。保護者には関係ない教師のものさし。それで傷付き、悩んでいる子どもたちがいる。保護者がいる。

見え隠れする子どもたちの様子の変化。

苦悩する保護者からの相談。

それを受けて、第三者的存在である我々ができること、すべきこと。

20151128001

本来、上の図のような関係が成立するのであれば、第三者として対象(学校)に対して何らかのアプローチを試みることができるが、実際には、何もできない。何らかのアプローチをするには当事者(子どもや保護者)からの手助けなくして何もできない。

でも…。

当事者の力になることはできる。

褒めてあげること。

相談にのってあげること。

励ましてあげること。

寄り添ってあげること。

ずっと一緒に歩み続けること…。

それが第三者の存在意義であり、我々の仕事。

体調が悪くても、教室に来て先生との時間を過ごそうとがんばってくれたMちゃんの姿。

こちらの言葉に耳を傾け、以前よりも明るくなったと感じられるその表情で、「がんばってみます!!」と言ってくださったお母さんの姿。

そんな姿に励まされながら、そんな存在でいられることに喜びを感じ、またがんばる勇気をもらった今日の教室での一コマ。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, ひとり言, 教室にて

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2019 AllRights Reserved.