『ありがとう』の反対語、そして本当の意味

日本人として生まれ、生き、これまでの人生の中で数えきれないほど口にしてきた『ありがとう』という言葉。自分の中では、ただ単に感謝の気持ちを伝えるときの言葉の一つでしかなかった気がします。

『ありがとう』という言葉の反対語は?との問いかけを見たときに即答できなかった。というより、正しい答えがわかりませんでした。『ありがとう』の本当の意味ぐらいは知っていたのですが、その言葉そのものの意味と、その反対語を合わせて考えたときに始めて見えてくる大切なもの。それを教えてくれたステキな動画があります。

20151119001
(参照写真・動画出典:Youtube jicken5box

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。

教えてもらった答えは…

「あたりまえ」

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」。「有難(ありがた)し」という意味だ。

あることがむずかしい、まれである。めったにない事にめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」。

我々は、毎日起こる出来事を、当たり前だと思って過ごしている。

歩けるのが、あたりまえ。

目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。

手足が動くのが、あたりまえ。

毎朝目覚めるのが、あたりまえ。

食事ができるのが、あたりまえ。

息ができるのが、あたりまえ。

友達といつも会えるのが、あたりまえ。

太陽が毎朝昇るのが、あたりまえ。

うまれてきたのが、あたりまえ。

夫(妻)が毎日帰ってくるのが、あたりまえ。

そして…

生きているのが、あたりまえ。

また、ある夫婦の話もしてくれた。

晩酌の時、いつも無口の夫が、「ちょっと、お酌してくれないか?」と珍しく妻に言った。
台所の片付けをしていた妻は、「今、忙しいから自分でやって」と答えた。
夫は少し寂しそうだったが、手酌で酒をついだ。

その、2~3時間後、夫は急に倒れ、救急車で病院に運ばれ、帰らぬ人となってしまった。

それから、妻は、なぜあの時、夫にお酌をしてあげなかったのかと、ずっと悔やんだという。

あの時何故、もっと、優しい言葉で、
こぼれるような笑顔で、
感謝の言葉で、
接することができなかったのか…

誰しも、今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。

今日、誰かと出逢い、話し、笑い、食事をして、仕事ができる。

こんな当たり前だと思うことが、本当は奇跡の連続なのだ。

「有ること難し」

生きて、出逢う、という奇跡の連続に、「ありがとう」を言わずにいられない。

日々の生活の中であたり前だと思っていることが、突然自分の前から失われてしまい、『ありがとう』すら伝えることが出来なくなったとき、初めて気付いたそのありがたさ。

知っている、わかっているつもりだったけど、本当の意味で理解できていなかったのだろう。特別であり、奇跡の中に自分がいること、そしてその時間は永遠ではないことを…。

毎日の生活の中で、生きているのではなく、生かされていることに、そして自分に関わってくれているすべての人や物に心からの感謝を込めて『ありがとう』を伝えよう。

伝えられなくなって後悔することのないように…。

-代表者ブログ, ひとり言, ことば

© 2021 NPO Selfish(セルフィッシュ)