母から息子へ…

学校で生徒に借りて読んでいる本(マンガ)。31巻目に入り、話もずい分進みました。

20150516001

この挿絵を見れば、何のマンガかわかる人はすぐにわかると思います。それが何のマンガであるかどうかは別に関係ないのですが、なんとなく入れてみました。笑

その中で、今際の際の母が弱い自分を卑下する息子へ話かける言葉やメッセージがすごく印象的で、悩みを抱え、迷っている人たちの一つの道標になってくれる気がしたので、ここでご紹介させていただきます。

「この世に強い人なんておらん」

「強くあろうとする人」

「おるのはそれだけじゃ」

本当の強さとは目に見える強さ、人が認める強さではなく、自分自身の心のあり様。そして、そういう息子であって欲しいという母の願い。

母からのメッセージはこう続きます。

ただ真っ直ぐに

一本の道を進むのは美しい

じゃが 普通はそうもいかぬもの

迷い

間違い

回り道もする

それでええ

振り返って御覧

あっちにぶつかり こっちにぶつかり

迷いに迷った そなたの道は

きっと誰よりも広がっとる――――

母はいつでも世界で一番強く、世界で一番子どものことを信じ、世界で一番子どもの成長を願っている。そんな母から息子へ送られた言葉。

母の愛は大きく、深い…。

-代表者ブログ, ことば, 読書

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)