お神輿と祭囃子

秋晴れの今日、地元の町内ではにぎやかに秋祭りが催されていました。

「ワッショイ、ワッショイ!!」という子どもたちの元気な掛け声と子ども神輿が街を練り歩き、自分が子ども時代に同じようにやっていたことをとても懐かしく思い出しながら様子を眺めてました。

20141019001

家の横の道路が偶然(!?)にもそういった場所だったようで、一部道路を封鎖してそこに地鎮祭のように四隅を囲って注連縄をしたお浄めの場所をつくり、そこで到着したお神輿を前に置いてしばし雅楽の演奏などもしてて…。一部道路を封鎖してのそんな光景を見たのは初めてだったのでちょっと驚きましたが、昔からの風習でそんな形でやるところもあるんですね。

にぎやかな祭囃子って、聞いてるだけでどこか心がワクワクしてきます。根っからのお祭男ってことですかな?(笑)

秋のお祭りが終わり、周囲の田んぼの稲刈りが終わるとどんどん冬が近付いてくるので、また少し静かで寒い季節がやってきます。こんな季節を感じられる行事は、日本の伝統として、いつまでも大事にしたいものですね☆

-代表者ブログ, 日記, 楽しい♪♪

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)