ガラス越しに届く太陽の暖かさと子どもたちの楽しそうな声☆

今日の気象情報を見ると昼間の最高気温は21℃だが、最低気温は9℃と一桁台。朝方、久々に会むさに震えて目が覚め、もう毛布だけでは無理だと悟り、早々に掛布団を出すことを心に決めた日。

そんな朝の様子とは一転して、昼間は太陽の光も燦燦と差し、ガラス越しに背中に届く暖かさは、時間帯によっては暖かいを超えて暑いぐらいに感じることも…。そんな暖かさと一緒に届く、外で元気に遊ぶ子どもたちの楽しそうな声。いつの時代も子どもたちは寒さになんか負けることなく、元気いっぱい☆

太陽の暖かさと子どもたちの楽しそうな声。

そのおかげで、心も体もほっこりあたたかくなります。

子どもたちの居場所となるべき場所では、子どもたちの成長を願い、子どもたちの笑顔を守る場所。そこで子どもたちの楽しそうな声が響き渡っていることはとてもうれしいことだし、ちゃんとその役割が果たせているってことだと感じています。そして、その声で働いているこちらがあたたかい心にさせてもらえてることってとても幸せなこと。

今日はガラス越しの陽だまりの中で、そんなことを感じながら仕事してました♪♪

-代表者ブログ, 日記, ひとり言

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)