大雨と休校と期末考査

昨晩の倉敷市では、深夜2時ごろ避難勧告の緊急速報がスマホから流れ、特に山沿いの地域には【警戒レベル4】が出て、避難の開始を促されていました。

自宅はその対象エリア外だったので、緊急速報で一度は起きつつ、窓から外の様子を確認し、かなり雨は降っているものの、基本的に用水の水量等に問題がないことを確認して早々に再入眠。それでも昼間は、さすがに眠気との戦いが大変でした。苦笑

そんな状況から、「明日の学校は休みだな。」と予想し、ほくそ笑んでいた子どもたちもいたようですが、朝起きた時点では、雨もほぼ上がり、昨晩同様、近隣の用水等は普段より少しは水位が高かったものの、通常の大雨時程度の水量。引き続き、倉敷市では大雨警報は出ていたものの、いつも通りの日常が始まったと思いきや…。

市内小中学校では、午前7時の時点で体育館が避難所として使用されていたり、避難勧告が解除されていなかったり等の関係で休校措置になった学校も相当数あったと聞いています。

時期的に中学校や高校では、ちょうど期末考査の期間中だったり、まさに今日から期末考査が始まる日だったりと、どちらかと言えば子どもたちにとって憂鬱な日の予定が、ちょっぴり先延ばしになって喜んだ子もいれば、休校を想定して試験勉強をサボったのに、学校は通常どおりあってアタフタした子もいるみたいで…。笑

今年度はいろんな意味で環境、特に“休校”というフレーズに振り回されていることの多い子どもたち。子どもたちの責任ではないのでかわいそうではありますが、安易な方向にサボることを考えず、自分が困ることのないように、しっかり勉強や準備はしておきましょう☆

-代表者ブログ, 日記, 教育について

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) , 2020 All Rights Reserved.