七夕と雨

あいにくの雨模様。この梅雨時期の雨模様の空をうらめしく見上げているのは、きっと織姫と彦星だけではないはず…。

いや、待て。織姫と彦星は空の上にいるので、雨模様の空は見下げているし、そもそも、自分たちの頭上の空自体が雨模様でもないのか…?

なんてくだらない一人ボケツッコミをして、少しでも気分を上げたいなって気持ちになるぐらい、朝から(昨日の夜から?)降り続いている雨で一日気分は↓↓。

せっかくなので、そんな雨にちなんだ雑学を一つ。

7月7日の七夕の日に降る雨を【催涙雨】というそうです。

【催涙雨】とは…
七月七日に降る雨を意味する語。一般に、七夕しか会うことの出来ない織姫と彦星が天の川を渡れなくなり、流す涙になぞらえているとされる。ちなみに七月六日に降る雨は洗車雨と呼ばれ、織姫に会うため彦星が自らの牛車を洗っている水だとされている。
(※実用日本語表現辞典より引用。)

この時期、鬱陶しい雨ではありますが、昔の人たちは、そんな雨にも由来を考えながら呼び名を付け、その時期ならではの風情を楽しんでいたのでしょうね。

そんなことを思いながら、↓↓の気分を少し↑↑にあげて過ごした七夕の一日でした☆

-代表者ブログ, 日記, ひとり言, 雑学

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) , 2020 All Rights Reserved.