クロッシング

投稿日:

週末いかがお過ごしでしょうか? 福尾です。

今日は考える要素のある遊び、クロッシングをご紹介します!


はい、こちらがそのクロッシングです。

ブログを読んで下さっている方は、きっと一度はすごろくをしたことがあると思います。
そのすごろくの遊び方がベースになっています。

用意するものは・・・クロッシングボード1枚、サイコロ1個、コマ一人2個(✕二人分)
※コマはお互い違う色にするとわかりやすいです!(上の画像をご参考に(^^))

遊び方は・・・☆一人2レーンずつあるスタート位置に、自分のコマを置きます。
☆二人でサイコロを振る順番を決めて始めます。
☆サイコロの出た目の数だけ2つのうちのどちらかを進めます。
☆次の人にサイコロを振る順番が移ります。
☆勝負がつくまでコマを進めていきます。

ルール・・・マスにあるキャラクターシール上でコマが止まったら、スタートに戻ります。

勝負の基準・・・2個あるコマのうち1個を相手より早くゴールさせた人の勝ちです!!

では、ちょっと遊んでみますね(^^)

まず緑レーンの人が先にサイコロを振ることになりました!

3が出たので右レーンのコマを進めました!

なぜ左レーンを進めなかったのかは、もちろんわかりますよね!
そうです。3進むとシールの上に止まり、スタートに戻るからです。

では、次は青レーンの人の番です。

4が出たのでもちろん左レーンを選びました。わかってきましたか?

次に緑レーンの人の番・・・

2がでました!! さてどっちを選ぶとよいですか?

はい!もちろん左レーンですよね(^^)

それからどんどんゲームは進み、次の場面では・・・緊急事態発生(T_T)

3が出ましたが、左右どちらもスタートに戻ってしまします。

悲しいですよね~イヤですよね~!

ただ、ここでも左右どちらを選ぶ方かよりリスクが低いかは考えられます(フムフム)

そう左レーンを選ぶことです。・・・なんで???

まず右レーンのコマを残すほうが、左よりゴールに近いですよね!

それからこれは、本当にサイコロ次第ですが、もし次に6が出た場合はそのまま
ゴールできます。
もし左を残してると、最低でももう2回振らないとゴールにたどり着けません(^_^;)

といった具合に、2レーンのコマをいかに状況に応じて有利に進めるか、考える要素
がイッパイです。

クロッシングは子どもさんの様子に合わせて、3レーンにし、2コマ先にゴールという
ルールにしたり、さらに3人で遊べるようにしたり・・・
オリジナルで作りかえることができます。

遊びながら自然と数に触れて駆け引きも楽しめます。
特に低年齢の子どもさんには、好きなキャラクターシールを使って作るとこ興味を
示すきっかけになるかもしれません。

金光教室でも、考えて遊べる遊びをこれからも取り入れていきま~す(*^^*)

興味がある方、ぜひ遊びに来てくださいね!

PR

スポンサーリンク

-金光教室, スタッフブログ

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2017 AllRights Reserved.