一緒に買い物行ってくれるかな?

投稿日:

ご存知のように一口に勉強といってもいろんな考え方があります。学校に通っている子どもたちにとって、『勉強=教科としての学習』の意味合いが強く、Selfishでももちろん、その部分のサポートを中心に行ないますが、本当に大切なものはもう一歩押し進めた"生きる力"としての学びだと考えています。

どのタイミングでどういった方向へ学びの方向性を切り替えていくかは、あたり前ですが、子どもたち一人ひとり違いますし、保護者の方々の考えられる学びの方向性によっても異なっていきます。

例えば、今日、教室で一緒に勉強したSくん。計算の問題には日常生活で実際に正しくスムーズに使えるように選択を利用し、計算の答えの数字を現金に置き換えることで、目に見える数字(買い物時にレジに提示された数字)と同等額を現金で支払う場面を想定しての繰り返し練習しています。もちろん、この時に使うのはおもちゃのお金なんかではなく、本物の現金を使います。

そうやって練習を重ねてきた結果、電卓でスムーズかつ速く、正確に答えが出せるようになったし、現金への置き換えもミスも少なく、とても速くできるようになってきました。

ここまできたら、次は実践。本人が緊張する場面で、いかに日頃の練習の成果を発揮し、自信を持って買い物できるようになるかが本当の意味での"生きる力"。そこに辿り着いてこそ、本人に必要なこと学び、身に付けたと言えると思っています。

ただ、不安いっぱいの買い物というシチュエーションにいかにSくんが納得の上で応じてくれるかというのが、大きな課題。お母さんと一緒にあの手この手を考えているのですが、なかなか「これ!!」という決め手がまだ見つけられず…。でも、なんとかこの夏休み中にうまく誘い出してチャレンジしたいと思っています。

20150722001

一緒に買い物行ってくれるかな?

この大きな大きなハードルを、夏休み中に是非とも越えたいものです♪♪

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, ひとり言, 授業風景

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.