飲み物による寒さ対策

昼間はまだ耐えられるのですが、朝晩の寒さはもう限界を越えている気がする今日この頃。朝は布団からどんどん出にくくなっているし、夜は日課としてがんばっている仕事終わりのストレッチが、ストレッチマットやストレッチポールの上に横になってやっていると寒すぎて耐えられず、時間がどんどん短縮されてしまってて…。^^;

そんな寒さを温かい飲み物で緩和する方法の情報を見つけたので、自分自身実践してみようと思いつつ、情報のお裾分け。寒さが苦手な人は試してみてはいかがですか?

温かい飲み物ならなんでもいいし、飲むタイミングもいつでもいいというわけではないらしい。飲む物と飲むタイミングを間違えると逆に体を冷やしてしまうことにもなるというから温かい飲み物恐るべし‼︎と言ったところか。(笑)

そのメカニズムは、温かい飲み物を飲むと舌の神経が熱いものが入ってきたと脳に信号を送り、身体は体温調節をする為に、汗をかくように支持を出すため、結果的に身体を冷やすことなるそうです。

そんな中でもメカニズム通りに体温を下げるものばかりではなく、身体を温める飲み物もあるとか。すぐに頭に浮かぶホットミルクや緑茶は残念ながらダメで、『しょうが湯』『ココア』『紅茶』がいいそうです。それぞれの体温上昇に作用する成分等についてまで記載していると長くなるので、具体的な名前だけで説明は止めておきますが、いずれも身近によくある飲み物なので、チョイスを間違えないようにしてこうした飲み物を飲むのがいいみたい。

また、いつ飲むかというのもとても大切で、効果が高いのは『起きたらすぐ』『入浴前』『就寝前』だとか。これもちょっとした意識するだけでクリアできそうですよね。

チョイスしていい飲み物にもよくない飲み物どちらにもコーヒーが含まれていないのがなんとも微妙なところ(一番飲む可能性が高いのでは…!?)ですが、苦手な寒さに対抗して、寒い冬を乗り切るためにいいと言われることは生活に取り入れながら、がんばりたいと思います。

20141029001

-代表者ブログ, 雑学, 美味しい☆

© 2021 NPO Selfish(セルフィッシュ)