エジソンの母 第五話

人を評価するということは本当に難しい。
ましてや、子どもの評価となるとなおさらだ。
『出来上がり(結果)』を評価するとどうしても大人の基準で評価してしまうことになる。
数学(算数)のように客観的な結果が出る教科ならその評価も明確なものだろうが、そうでない教科の評価はどうなのだろう???
特に小さい子になればなるほど、結果以上にその『がんばっている過程』を評価してあげることも大切だ。
結果を評価するのか、それとも過程を評価するというこの考え方自体も、やっぱりそれも大人の基準に過ぎないのだから同じことなのかなぁ…。(苦笑)
賢人の担任の伊東美咲。
少しずつ少しずつ、人間らしい先生になってる気がする。
やっぱり生徒が先生を成長させてくれるってことなんだろうなぁ。
いっぱいいっぱい考えて、いっぱいいっぱい悩んで、そして先生としても人間としても大きな成長したい、今日この頃です。

-代表者ブログ, テレビ

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)