誰がなっても…

大差ないんだよなぁ
福田総理と新たな組閣の発表を見たが、正直「どうでもいいや」って感じ。
今回は、前回の流れから安倍改造内閣の閣僚がそのまま再任された人が多い。
それすら経過時間の短さと実績の判断材料のなさ、そして国会を少しでも早く元に戻すために決めたことという感は否めない。
安倍改造内閣のときの身体検査が甘すぎて、すぐに問題が起こったぐらいだから、再任させると言うことはそのリスクをもそのまま背負うってことでしょ!?
前回も含め、今回の組閣においても唯一期待がもてるというか、楽しめそうなのが舛添厚生労働大臣。
ここまで大きくなっている社保庁や自治体の年金関連問題を、どのように収拾つけるのか見てみたい。
でもやっぱり、今の政治はどうでもいいや……。

-代表者ブログ, ひとり言

© 2020 NPO Selfish(セルフィッシュ)