不慮の事故で入院。不幸中の幸いは…

いきなり、驚かすようなタイトルから始めて、心配させてしまっていたら、ごめんなさい。

人間の話ではなく、車の話。Selfishの社用車が不慮の事故に遭ってしまいました。それも、駐車場に停めていた(駐車中のため、もちろん、人は乗っていません。)ところ、その駐車場内を動いていた車が停めていたうちの車にぶつかって…。

完全にもらい事故。

と言うのも、どうなのかと思うぐらいの不慮の事故。相手方の保険屋から本日連絡が入り、それを受けて、さっそく本日、修理のために車屋さんに入院いたしました。

トホホ…。

こうした駐車中の事故の場合、その場に車の所有者や搭乗者がいないのをいいことに、当てたひとがそのままいなくなっていて傷だけが残ったなんて話をよく聞きます。いわゆる当て逃げ。そうなると完全に当てられ損でどこにも怒りの持っていきようもなければ、修理の請求先もなく、自分で修理しないといけなくなる。最近は防犯カメラなどが増えた関係で、そういった場合も相手が判明することもあるとは聞いていますが、それでもやはり確実ではない話。

そんな中、今回は相手の方がきちんと(!?)申し出てくれたため、その場で警察の事故処理もできたし、修理の対応をしてもらえるので、そういった意味では、不幸中の幸いだったと思っています。これで相手不明で自腹修理なんてことになっていたら、泣こうに泣けないですからねぇ…。

今日からしばらく、お借りした代車ががんばってくれます。

早く、元のきれいな姿になって帰って来てくれることを願っています☆

-代表者ブログ, 日記

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) , 2020 All Rights Reserved.