ポイントは『二人称』の応援メッセージ

投稿日:

life hackerの気になった記事。タイトルは、

ランニングや筋トレ中に折れそうな心を立て直し、最後までやりきる方法

って、見た瞬間に「知りたい!!」って思って、すぐに読む。

ポイントとして書かれていたのは、

なぜ続けるのか、どのように続ければいいのかという十分な答えを持つこと

そして、そのためには、

自分自身にどのように言い聞かせるかが大事

なんだそうです。ここまでは、まぁ、ランニングや筋トレに関わらず、自分の明確な目標やゴールを持つこと、そしてそれを自分自身の中にきちんと落とし込むことってことで、なんとなく知っているというか、わかっていること。一番知りたいのは、その自分自身への伝え方。

そのキーワードは、

二人称の独り言の効果

だそうで、これはいくつかの研究によって裏付けられているそうです。

簡単に言えば、自分が自分に向けてエールを送るのではなく、自分に対して、もう一人の自分(他者)からのエールという形で声を掛ける。「“私”→“私”」へではなく、「“私”→“あなた”」として伝える。でも、この場合の“私”も“あなた”も自分自身。それが二人称の独り言。

「君ならできる」

「がんばれるよ」

「君は続けられる」

「痛みを乗り越えられるよ」

などの言葉が研究では使われていたようです。

これならできそうなので「試してみよう!!」と思いつつ…。

もしかして、「これって勉強の場面でも使えるんじゃない?」って思う。

なかなか自制して勉強をがんばることができにくい子たちに、魔法の言葉として教えてみようかな☆

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教育について, ことば, スポーツ

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2019 AllRights Reserved.