『全国学力テスト』の結果より

今年の『全国学力テスト』の結果が公表され、ニュース等で取り上げられているのを見ました。

全国の小学6年生と中学3年生が受け、毎年この時期に結果が発表されるものですが、今年は全国で合わせて200万人以上がテストを受けての結果。

まず、単純に正答率の結果だけを見ると

【小学6年生】
国語 64%
算数 66.7%
【中学3年生】
国語 73.2%
数学 60.3%
英語 56.5%

というもので、思っていたより、中学3年生の国語が高いものの、その他の教科はいつも並み。そんな中で初めて実施された英語の結果の低さは、「英語教育そのものの成果が十分とは言い難い」といった結果分析がなされていました。特に、英語の中でも「話す力」は参考値ながら30.8%という低いもので、専門家からは、小学校での英語教育も含めて、抜本的な英語教育の再考の必要性があるとの声も上がっていました。

ここ岡山県の子どもたちは、

【小学6年生】
国語 64%(平均)
算数 65%(平均をやや下回る)
【中学3年生】
国語 73%(平均)
数学 60%(平均)
英語 54%(平均をやや下回る)

そして、全国で見た場合の岡山県の結果は…。

小学6年生が29位(前年度31位)、中学3年生が19位(前年度40位)ということで、いずれも少しアップ!!岡山県の“全国10位以内”と掲げられている目標にはまだ届いていませんが、少し良くなっていますね。

とは言え、

「まだ、いろんな意味で課題は山積み。でも、その課題のどこから手を付ければいいのか…?」

そんな現場の声が聞こえてきそうです…。

-代表者ブログ, 教育について

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) , 2019 All Rights Reserved.