マンガ版 親子アスペルガー

投稿日:

ある1冊の本を薦められて読みました。

20150613001

サブタイトルにもあるように、『明るく、楽しく、前向きに。』にアスペルガー症候群と診断を受けたお母さんご自身、そして二人の息子さんのいろんな場面での様子や、困り感を感じた場面での対処法や考え方などを読みやすく、そしてわかりやすくまとめてある1冊です。

本の帯にはこう書かれていました。

『アスペルガーじゃない人になろうとしなくてもいいんだよ。大事なのは、自分の特徴で困らない大人になることだと思うの。』

この本は、アスペルガー症候群というちょっとだけ違う脳のタイプに生まれた著者が、自分の特徴とうまく付き合えるようにいろんな工夫をしながら、幸せなアスペルガーになりたい、なって欲しいという願いを込めて生きている様子が描かれています。そして、こういった本を読むといつも思います。アスペルガー症候群に限らず、本人たちのそういった努力と並行して、まわりの人たちがその特徴とうまく付き合えるように少しでも理解しようとすることで、みんなが一緒に幸せに暮らす日常がそこに訪れるのにって…。

とっても簡単なことだと思います。

それぞれの立場の人が、お互いに本の一歩ずつ歩み寄る。ただそれだけのことで、お互いの日常が大きく変わります。

この本は、そんな一歩を踏み出したいと思う人にとって、とっても読みやすく、わかりやすいんじゃないかな?と思う1冊です。手に取ると、きっとあなたにいろんな気付きを届けてくれると思いますよ☆

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 読書

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2019 AllRights Reserved.