吉報

投稿日:

県立高校、合格発表日。

ある意味、運命の日。

昨日、授業に来た中3先生も「今日はドキドキして眠れないかも…。」と言っていたが、その気持ちはよくわかる。
ほとんどの子どもたちにとって、15年の人生における最初の大きな関門であり、人生の分岐点だから緊張するなって方が無理な話だ。

こちらにしても、自分の受験の時から指導するようになって送り出した子どもたちの結果を待つ経験まで含めてかなりの受験&合格発表というのを経験してきたが、決して慣れることなんかなく、ドキドキものだ。

そんな中で、合格発表を身に行った子ども達からの連絡。

ただ、今日は学校の勤務のため、午前中は校内にいて携帯の電話やメールがなかなか確認し辛い状況。
気になって仕方ないが、もちろん授業優先で…。

ちょっと時間の空いたときに大急ぎでロッカーに行って携帯を確認。
すると、みんなから電話やメールで「合格しました!!」という吉報が届いていました。

中でも、ほんと最後まで手を焼いたSくん。
受験にあたっても、これまでの経験から見て正直、五分五分といった状況での受験だっただけに、合格の報告は他の誰の合格よりもうれしかった。

そんなSくんは、夕方お母さんと一緒に報告を兼ねて、教室まで挨拶をしに来てくれた。
うれしさいっぱいなんだけど、ちょっと恥ずかしさを見せながら、「ありがとうございました!!」と深々と頭を下げてくれている姿を見て、これまでの苦労なんか全部吹き飛んで行きました。

無事に進路が決まり、Selfishを卒業していく子どもたちが一人、そしてまた一人と抜けていき、今日の夜の授業なんかちょっと静まり返った様子の教室が淋しく感じられる時期になっちゃいました。
でもそれは、子どもたち一人ひとりががんばって自分の未来を切り拓いて巣立って行ってくれた証なので、この淋しい教室をうれしく、そして誇らしく思っています。

そんなちょっと余裕ができるこの10日程の間に、大急ぎでしっかりと新年度の準備をしたいと思っています。

今日はみんな家族とお祝いかな!?(笑)

ほんとよかったね。

合格、おめでとーーーーーーーーーっ!! \(^o^)/

PR

スポンサーリンク

-日記

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.