あったらいいな“リセットボタン”

投稿日:

「人生やり直したいことがたくさんあって…」なんて深刻な話で“リセットボタン”を望んでいるわけではありません。まぁ、まったく望んでいないといえば嘘になるかもしれませんが…。(笑)

20140519001

今回はそんな話じゃなく、でも、ある意味それに匹敵するぐらいの必要性の重要度は高いかも!?!?ってお話です。

今日も教室で授業してて算数のもんだいに悪戦苦闘しているYくん。一度間違えた問題の直しにチャレンジしているのですが、なかなかどうして、自分の間違いに気付くことができません。

これはYくんに限った話ではなく、子どもたち全般にあること。加えて言えば、子ども達だけでなく、大人もよく落ちる落とし穴とも言うべき思考回路の欠点。

そう‼︎『思い込み』というワナにはまってしまっているのです。自分ではちゃんとやったつもりだったり、こういう意味だと一度思ってしまってたり…なので、簡単にそのワナから抜け出せません。

子ども達にはいつも「一度、頭の中をりせっとして、もう一度最初からしっかり問題を読んで、よく考えてみてごらん。」とは言うものの、口で言うのは簡単だけど、実際にはそんな簡単にいくものではありません。

そんな時に「“リセットボタン”があったらいいのになぁ…。」っていつも思います。

自分なりにはそんな時の思考の切り替え方法はあるのですが、それはすべての人に通ずるものではなく、それぞれが自分なりの方法を見つけ出すしかないこと。

だと思っているのですが、もしいい方法をご存知の方がいらっしゃったら、是非教えてください!!

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教育について, 授業風景

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.