日中の授業。様変わりした子どもたちの夏休み…

投稿日:

夏休みが始まって子どもたちは楽しい日々を過ごしているかな?

と言いたいところですが、連日のこの酷暑。。。外で遊ぶのは危険が伴うため、家の中の涼しいところで過ごしている子が多いかな?それはそれで、ゲームが好きな子どもたちにとっては、願ったりかなったりの状況かもしれませんが…。笑

僕たちが子どもの頃は「10時までは外に遊びに出てはいけません。」的なルールがあり、その時間を待ちわびるように、朝のうちに申し訳程度の勉強(のフリ?)をして、10時になるとすぐに外に飛び出して外で元気いっぱい遊んでいた記憶ばかり。

でも、今の子たちは、いろんな事情がそれを許してくれないですよねぇ~。苦笑

実際、教室でも、夏休みなので追加で増えている授業はもちろん、通常の夕方以降の授業を繰り上げて、午前中や午後の早い時間など日中に授業を行なっています。昼間の暑い時間に外で遊ぶことがなく、家の中で過ごすのなら、教室に来て涼しいところでしっかり勉強をしてもらおうということで。

もちろん、教室への道中の暑さ対策や心配は尽きないですが、お父さんやお母さんがお仕事でいらっしゃらず、子どもたちだけで家で過ごしているご家庭もあるので、そういった意味でも大人の目があるところに来て過ごしている時間を作ることで、少しでもリスクを回避しながらの安全の確保にもつながるため、子どもたちの見守りの意味合いも含まれてきます。

夏休みと言えば、子どもたちが外で元気いっぱい走り回って遊んでいる姿が待ちのあちこちで見られるのが定番だったのに、気象条件や塾や習い事の関係などで、夏休みを過ごす子どもたちの様子もすっかり様変わりしちゃって、ちょっぴり淋しい気もしますが、諸条件でそうなってしまうことも仕方のないことで…。

子どもたちの安全と成長を第一に考え、楽しく、有意義な夏休みが送れるようなお手伝いをがんばりたいと思います。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教育について, 教室にて

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.