中間考査を終えて…。次に向けて最初にすべきこと。

投稿日:

中間考査を無事(!?)に終えた中学生の授業。授業の開始時に、すでに学校で返却されたテストの結果(解答用紙)を報告。

本人曰く、

「まぁまぁでした。」

とコメントするので、ちょっと意地悪く、

「何を基準にまぁまぁなの?」

と聞いてみると、

「去年のテストに比べたら。」

と答える。

本人、中学3年の受験生。やる気が低く、勉強もサボりがちだった中学2年生の頃と比べての評価。おまけに、それですら「まぁまぁ。」なのだから、まだまだ自分が受験生であるという自覚自体もかなり低い。逆に、この時期にそこの意識レベルが高い受験生の方が少ないのだが…。苦笑

次に向けて最初にすべきこと

続けざまに、またちょっと意地悪な質問。

「この結果を受けて、次にどうする?」

返ってきたのは想定通りの

「特に英語が悪かったので、単語や熟語を覚えて、次のテストでがんばります!!」

という回答。

こう答えてくる子どもたちのなかでは、今回のテストはすでに終了しているのです。ここからが本番なのに…。

これまでに、本ブログでも勉強の仕方として何度か触れていることだし、子どもたちには事あるごとに伝えているのですが、なかなか浸透しないし、大切なことなのでこちらも何度でも触れたいと思います。

次に向けて最初にやるべきことは、テストで自分が間違えたところの解き直しと、そこを確実に自分のものにするための勉強です。

仮にテストで70点取れていたとしたら、本人はその取れた点数だけを見て話をしますが、結果として一番受け止めないといけないのは、『30点分できていない』という自分の弱点を見つめ直すこと。それをせずに、結果だけを見て、そのテストを終わったことにしているから、また次に同じところを間違えたり、成績が伸びなかったりするのです。

こちらが言っていることは、勉強をする上ですごく当たり前のことなんだけど、できていない子がほとんど。今はこうして偉そうに言ってるけど、自分が学生時代にも全然できていなかったことなんですよねぇ…。苦笑

先生の昔の失敗を糧に、子どもたちにはどんどん成長して欲しいです☆笑

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 授業風景, 教室にて

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.