『睡眠負債』なる聞き慣れない言葉

投稿日:

最近、急にあちこちで目にするようになった言葉。

『睡眠負債』

ご存知でしたか?

先日の朝日新聞デジタルでは、この『睡眠負債』に関心が集まり、それに関連したビジネスが広がりつつあり、その市場規模は1兆円にものぼる?なんて記事まで出てました。その記事を読んでいると、この『睡眠負債』なる言葉は、昨年の新語・流行語大賞のトップ10にもなっていたとか…。そんな言葉を「聞き慣れない」と言い放ったり、「ご存知でしたか?」なんてみんなに問いかけてみたりと、見事に無知を曝け出している内藤です。笑

『睡眠負債』
William C. Dement 教授(スタンフォード大学)により提唱された言葉で、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態である。(Wikipediaより引用)

「よし!!そうならないためにも、この休みを利用して、睡眠時間の負債分を解消しよう♪♪」と、朝寝坊してみたり、お昼寝をしてみたりした単純な人間がここに…。Wikipediaの説明をさらに読むと、

『睡眠負債』のリスクを取り除く根本的な方法は、不足している睡眠時間を増やすことである。ただし週末などに「寝だめ」をするのは、日常の生活リズムを崩すことになり、逆効果となる場合がある。(Wikipediaより引用)

とのこと。

はい、見事に逆効果です☆笑

っていうか、よく考えたら、毎日7時間以上寝るようにしている(自然に眠たくなって勝手に寝ているだけだが…苦笑)から、そもそも自分は『睡眠負債』に陥ってないであろうという現実に気付く。

ハハハ…。(^^;;

ついでなので、雑学として学びを少々。

この『睡眠負債』の状態に陥ると、生活や仕事の質が低下するだけでなく、うつ病、がん、認知症などの疾病に繋がるおそれがあり、研究の結果によれば、6時間睡眠を2週間続けた被験者グループの脳の働きは、2晩徹夜したグループと同程度まで低下している。(Wikipediaより引用)

病気の心配があったり、脳の働きがそんなに低下してしまうのであれば、日々の業務には大きな影響だし、健康もかなり心配になる。だったら、そんな負債は少しでも減らすに越したことはない。その方法としてのキーワードは…。

『睡眠の先行投資』

『睡眠の先行投資』
仮眠、日中に15分程度の昼寝をすること、メラトニン分泌のために朝の日光を浴びること、夜間のブルーライトを避けることなども有効とされる。(Wikipediaより引用)

この『睡眠の先行投資』なら得意だぞ!! (^^)v 笑

そして、最近の自分はすべてに最優先して睡眠時間の確保をがんばっていることを自分で再認識し、「体にいいことしてるんだ☆」とほくそ笑む。

さぁ、今日もしっかり『睡眠加算』♪♪(←勝手に造語。笑)

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 日記, ことば, 雑学

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.