うれしい知らせに喜びつつ、時間の流れのはやさに驚き…

投稿日:

昨日までの春の暖かさから一転、気温が一気に下がり、昨夜から降り始めた雨が予報より長く続いて気分も下がり…の一日。

お昼前に、懐かしいお名前の方からの連絡がLINEで届きました。

3年前まで、家庭教師でお伺いしていたご家庭のお母さんからのとてもうれしい報告。今日は早朝からバタバタしてて、その後連絡をもらうまで、今日がその日だということをすっかり忘れていました。

そう、今日は岡山県の公立高校の合格発表の日。現生徒の受験生は私立高校の入試と公立高校も特別入試ですべて進路が決まっていたので、必要以上に緊張感を持って、今日という日を迎える必要がなかったのもありますが…。(という言い訳。笑)

そして、その届いた連絡はもちろん高校合格の知らせ。そのご家庭の二人(双子の兄妹)がそれぞれに志望校に合格したといううれしい報告でした。

小学生の間、一緒に勉強していて、中学進学を機にSelfishは卒業して、部活と両立しながらがんばってきた二人。合格の知らせと共に、お母さんが二人の3年間の様子を伝えてくださいました。

Rくんは…。

ソフトテニス部でがんばり、団体では一番手になって県大会にも出場。身長はちょっと伸び悩んで、ちょっぴり大きめで買っていた学生服が少し大きいまま終わったそうです。

Kちゃんは…。

生徒会でがんばったり、バレー部で副キャプテンを務めたり、オーストラリアにホームステイに行ったり…と、すごく積極的に中学3年間を過ごせたそうです。

そのお母さんからのご連絡にも『中学校は、あっという間でした。』と書かれてましたが、僕自身、つい、この間まで家庭教師に行ってた気がしてたのに「もう3年も経ってたのかぁ…。」と、いつも以上に時間の流れのはやさに驚きました。

3年経っても、こうして届けていただけるうれしい知らせと子どもたちの成長の様子。

天気とは裏腹に、幸せいっぱいの晴れやかな日になりました♡

PR

スポンサーリンク

-ささやかな幸せ, 代表者ブログ, 教育について, 日記

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.