岐路に立った時、どちらを選択するか?

投稿日:

人生において幾度となく訪れる選択。その結果が、その先の人生に大きく影響を与えることは言うまでもなく…。だからこそ、誰もが、その場面では判断を迷うであろうし、できるだけ安全な道を選択したくなるであろう。

アメリカの詩人、ロバート・リー・フロストの名言の一節にこんな言葉がありました。

Somewhere ages and ages hence:
Two roads diverged in a wood, and I—
I took the one less traveled by,
And that has made all the difference

(日本語訳)
ずっとずっと昔:
森の中で道が二つに分かれていた。そして私は-
そして私は人があまり通っていない道を選んだ、
そのためにどんなに大きな違いができたことか

すでに人が通った道を選択すれば、安心かつ安全に進めるかもしれない。しかし、そこからは新しい発見や新しい世界への扉が開かれることはないだろう。

その先にある大きな違いは、必ずしもプラスだけというわけではなく、時にはマイナスとして現れる場合もある。自分の人生においても、またビジネスの場面においても、誰しもマイナスは避けたいはずだ。だとすれば、自ずと答えは見えている気がするが、そう簡単に割り切れないのが人生だ。

いろんな意味でSelfishの今後を考えなければいけない状況下で、大きく舵を切らないといけない時期に来ているのかもしれないと思う。だからこそ、目の前にある帰路でどちらを選択すべきか?

やっぱり答えは決まってるよなぁ…。

だって、“Selfish”だし♪♪笑

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, ひとり言, ことば

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.