自分自身の『今へようこそ』

投稿日:

コウノドリの最終回。自分自身、いろんなことを考えさせられた。


(※画像は「コウノドリ」公式Instagramより引用)

ドラマの中で紹介されていた、ダウン症児のお母さんエミリー・パール・キングスレーさんが1987年に書かれた詩『オランダへようこそ』に感動し、私と同じようにいろんなことを考えさせられた方も多かったのではないでしょうか?

ドラマを見られていない方、この詩をご存知ない方のための、全文(原文は英語のため、日本語に翻訳され、ドラマの中で紹介されていたもの)を引用させていただき、ご紹介させていただきます。

『オランダへようこそ』

私はよく「障がいのある子を育てるのってどんな感じ?」と、聞かれることがあります。 そんな時私は、障がい児を育てるというユニークな経験をしたことがない人でも、それがどんな感じかわかるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つまでのの間は、まるで、素敵な旅行の計画を立てるみたい。例えば、旅先はイタリア。山ほどガイドブックを買いこみ、楽しい計画を立てる。コロシアム、ミケランジェロのダビデ像、ベニスのゴンドラ。簡単なイタリア語も覚えるかもしれない。とてもワクワクします。

そして、何ヶ月も待ち望んだその日がついにやってきます。

荷物を詰め込んで、いよいよ出発。数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸。そして、客室乗務員がやってきて、こう言うのです。

「オランダへようこそ!」

「オランダ!?」

「オランダってどういうこと??私は、イタリア行きの手続きをし、イタリアにいるはずなのに、ずっと、イタリアに行くことが夢だったのに」

でも、飛行計画は変更になり、飛行機はオランダに着陸したのです。あなたはここにいなくてはなりません。ここで大切なのは、飢えや病気だらけの、こわくてよごれた嫌な場所に連れてこられたわけではないということ。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに行かなくちゃ。それから、今まで知らなかった新しいことばを覚えないとね。そうすればきっと、これまで会ったことのない人たちとの新しい出会いがあるはず。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

イタリアよりもゆったりとした時間が流れ、イタリアのような華やかさはないかもしれない。でも、しばらくそこにいて、呼吸をととのえて、まわりを見渡してみると、オランダには風車があり、チューリップが咲き、レンブラントの絵画だってあることに気付くはず。

でも、まわりの人たちは、イタリアに行ったり来たりしています。そして、そこで過ごす時間がどれだけ素晴らしいかを自慢するかもしれないのです。

きっと、あなたはこの先ずっと「私も、イタリアへ行くはずだった。そのつもりだったのに。」と、いうのでしょう。

心の痛みは決して、決して、消えることはありません。だって、失った夢はあまりに大きすぎるから。

でも、イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、心から楽しむことはないでしょう。

自分自身の『今へようこそ』

この詩を知り、私が感じたのは…。

“今”この瞬間に、自分がいる場所、置かれている環境、人間関係など、様々なことにおいて、「私は○○のはずだった。そのつもりだったのに。」と思っている人はたくさんいるはず。どんな過程を経たにせよ、どんな理由があったにせよ、“今”ある現実がすべてであり、それを受け入れるところからすべてが始まるはずなのに、ついつい違う“今”を思い描き、違う何かを求めてしまう。

私も、自分自身に重ね、そんな風に感じている自分を否定することができませんでした。

思った通りにならなかったこと、志半ばで諦めてしまったこと、やりたくてもまだできていないこと…数え上げたらきりがない。それも引っくるめて、“今”があるのに、それと“今”を別のものと考えてしまっている。

未来に夢見ることは大切なこと。

過去を振り返り、活かすことも必要なこと。

ただ、そのすべてに“今”というこの瞬間があってこそ、それが一つにつながっていることを忘れず、それを受け入れ、“今”の素晴らしさに気付き、“今”自分のまわりにある愛しいものを心から楽しまないともったいない!!

『今へようこそ』

と、ちゃんと自分自身にそう言える自分でありたいし、“今”を楽しめる人生を送りたいですね☆

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 発達障がい, ひとり言, テレビ

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.