NHKの『発達障害プロジェクト』LD児のための発想転換のヒントに出会えるドラマ

投稿日:2017/09/23 更新日:

NHKが『発達障害プロジェクト』と銘打って、1年間という時間をかけての特集放送を今年5月からやっているという情報を今日知りました。(←遅い…苦笑)

ただ、その情報と、その放送内で子どもたちや保護者の方々の発想転換のヒントになりそうな放送が今夜あるということを知ったので、こちらで情報提供させていただきますね。

すごく興味深いのが12歳の主人公ハンクくんの話。

は12歳の少年。彼の場合は文字を読もうとすると「字が躍っている」ように見え、書くこと、計算も苦手。「作文の宿題をやろうとしても、文字が躍ってなかなか書くことができない!」「ミュージカルの主役に抜擢(ばってき)されたのに台本が読めない!」など、たびたびピンチに陥ります。

どんなふうにこのピンチを切り抜けるのだろう? と思っていると、作文を書かされる回では、考えて考えて考え抜いた結果、「作文ではなくて、工作で伝えよう!」というとっぴな方法を思い付き、立派な作品を作り上げてしまいます。

そう、彼のすごいところは、どんなピンチに遭遇しても決してあきらめず、ユニークなアイデアで切り抜けること。じつはハンクは頭の回転がとても速く、行動力もあるのです。なんでも突っ走ってしまうので、先生には怒られてばかりだけど…。…

今年5月から1年を掛けて特集放送を行っています。このプロジェクトのなかのひとつに、イギリスのTVドラマ『ハンク―ちょっと特別なボクの日常―』があります。

このドラマは、ディスレクシア(読み書き障害)の少年ハンクを主人公にした学園ドラマ。もともと2016年にNHKで放映されていたものを、「発達障害プロジェクト」に合わせて選りすぐりの5本を再放映するというもの。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 発達障がい, テレビ
-

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2017 AllRights Reserved.