まさか!?忘れ物対策で本当にこれをやる人がいるとは…

投稿日:

忘れ物をどうやったら無くすことができるのか?

特に、ADHDの不注意優勢傾向の子どもたちなど、忘れ物が多くて悩んでいる子たちへの支援では、いろんな支援方法が考えられ、創意工夫がなされていますが、それでもなかなか改善されないケースが多いのが実情です。

支援方法の一つとして、玄関を出る前に最終確認をする方法を用いることは多いのですが、その場合、玄関先にメモを置いておいたり、ボードを置いておいたりで、それを確認することによって忘れ物を無くすようにするなどがよく使用されます。

ただ、この方法だと、そのメモやボードそのものを確認することを忘れてしまっては意味がない。

だったら、嫌でも目につくようにしておくのが一番いい方法だとは思っていましたが、そのためには“あの部分”を確認の場所にするしかないが、さすがにそれはなかなかハードな方法なので実現するのは難しいと思ってました。

それが…。

写真を見た瞬間に驚き!!


(画像提供:JKst.(H)さん)

実際にやってしまっている人がいました。その決断力が素晴らしい!!!!

ここまですると、玄関を出るときには否が応でも目に入るから、きっと忘れ物防止対策に一役買ってくれるはず。勇気がある人は、ぜひ、自宅の玄関をこのホワイトボード仕様にしてみてください。玄関をフルオープンしたときにちょっと恥ずかしいですが…。笑

それでも忘れ物が無くなるなら…。

忘れ物をして恥ずかしい思いや困ったりするよりも、玄関のドアがほんのちょっと恥ずかしいぐらいなのを我慢する方がいいかも!?ですね☆

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 発達障がい, 教育について, ひとり言
-

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.