人間関係を楽しく、より円滑にするためには…

投稿日:

『遠慮』

『気兼ね』

『我慢』

『気遣い』

人間関係の中で、相手に対しての自分の気持ちというか心情を表す言葉。対人コミュニケーションは、相手があることだけに、どちらかと言えば難しいことが多いのですが、どの言葉も似たような感じで使ってる気がします。

でも、この4つの言葉の中で、人間関係を楽しく、より円滑にするために一番必要なのはどれだと思いますか?

って、一応聞いてみますが、答えは簡単ですよね。

相手に対して、『遠慮』していたり、『気兼ね』していたり、『我慢』していたりと言った気持ちを自分が感じている時には、その関係はいい意味での対等な関係とは言えないと思います。

そうなると、楽しくないだろうし、いろんなことが円滑には進まない気がします。

それに対して、『気遣い』には自分自身の中に相手を思いやる気持ちがあり、言葉自体にも無理している感じは受けなくないですか?

一方は、それをすることでどこかに無理が生じるもの。

もう一方は、それをすることでお互いが気持ち良くなれるもの。

そう思って言葉を使い分け、日常生活の中での人間関係で上手に生かすことができたら、きっと楽しく、より円滑に行なうことができるはず。

明日から始まる新年度。

新たに一つ目標を立てるなら、上手に『気遣い』ができる人になることを目指してみませんか?

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, ひとり言, ことば

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2017 AllRights Reserved.