“おにぎり”が飢えに苦しむ世界の子どもたちを救う

投稿日:2016/10/11 更新日:

世界食糧デーのキャンペーンでこんな企画がネットで行なわれており、第2回の今年の企画が今日からスタートしています。

おにぎりアクション2016

企画の内容は以下の通り。

おにぎりアクション 2016
10/11 (火) ~ 11/30 (水) おにぎりで世界を変える
10月11日~11月30日の期間中「おにぎりアクション2016」を実施し、世界各地で参加者がおにぎりを作るまたは購入し、「いただきます!」写真を#OnigiriAction をつけてSNS上(Facebook, Instagram, Twitter)または特設サイトに投稿すると、参加者に代わり、協賛企業が写真1枚につき100円をTFTに寄付し、アフリカ・アジアの子どもたちにあたたかな給食5食分をプレゼントします。

今年初めて知った取り組みですが、昨年は世界中から5,000枚を超える写真が投稿され、25,000食の給食を届けられたそうです。

参加方法はいたって簡単。

「おにぎりの写真」「おにぎりを作っている写真」「おにぎりを持っていただきます!している写真」「おにぎりを食べている写真」など、おにぎりが写っている写真であれば何でもOKで、それも手作りのおにぎりからスーパーやコンビニで購入したおにぎりまで、おにぎりであればこれまた何でもOKというから、参加するためのハードルは非常に低い。

投稿先は、自分のSNS(Facebook、 Instagram、 Twitter)でもいいし、特設サイトでもいいそうなので、とりあえずおにぎりを作って(手に入れて)写メして投稿するという、これまたハードルは非常に低い。

20161011001

それも、期間中一人の人が何回応募してもいいとのこと。おまけに、スポンサー企業の一つに伊藤園が入っていて、おにぎりと一緒に『お~いお茶』が写っている写真を投稿すれば、なんとその写真1枚で5食+5食で一気に10食の給食が届けられるそうです。(他にもいろんな企業の協賛商品あり。詳しくはHP参照。)

さっきHPを見たら、現時点ですでに500枚近くの写真が投稿されており、この数字はどんどん増えています。

明日のお昼ごはんは園で給食だけど、明後日は学校の子どもたちと一緒にお昼を買いに行って食べる予定なので、おにぎりを購入して子どもたちと一緒に投稿したいと思っています♪♪

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 活動

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2017 AllRights Reserved.