いつか「あの頃は大変だったね。」と笑って話せるような成長を…

投稿日:

「悪さをするのも子どもたちの仕事のうち。」だと思っている(別に自分がそうだったからといって、肯定しているわけではないですよ。笑)ので、保護者の方々から話を聞いたり、相談を受けたりしてもこちらはそんなに驚きはしないのですが、よくまぁ、次から次へといろんなことが起こるものです。

それだけ元気いっぱいの子たちがたくさんいて、その子たちの成長のための時間を一緒に過ごせているってことだと思っているので、その対応も決して苦ではありません。が、保護者の方はかなり参った様子。その様子を見ていると単純に「子どもなので。」では済ませることではなくて…。

未来につながる今

大変だということは重々わかっていますし、そういった問題は起こらないに越したことはないと思います。

でも…。

いつかきちんと自分自身でわかって、ちゃんと成長につなげてくれたら、その経験もきっと役に立ちます。悪いことを全然せず、親に迷惑をかけなかった子はそれだけで十分素晴らしいですが、その子たちが手に入れることのできない財産を得ていると思っています。

そして、いつか大きくなったときに、「あの頃は大変だったね。」とみんなで笑って話すことができたら、今のこの苦労が喜びに変わると思います。

20160628001

そんな成長を願って☆

そんな日が来ると信じて…。

みんなでがんばっていきましょう!!

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, ひとり言, 教室にて

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.