不祥事

投稿日:2009/04/30 更新日:

今日、また岡山で先生の不祥事が新聞記事になっていた。
全国各地で先生の不祥事が起こって問題になる中で、ここ岡山で今月だけで2件目。
はなはだ恥ずかしい限りである…。
先日の不祥事の先生が勤務していた学校はSelfishのある学区の小学校。
あまりにも近いところでの問題だっただけにビックリしたし、内容があまりにも情けないことだったので同情の余地もない。
そのことについて子供たちから直接話を聞くことはなかったが、子供たちや保護者の方々の驚きや動揺は計り知れないものがあったに違いない。
今回の不祥事もそう。
実際、この先生が通っていた中学校でも不祥事自体に対する驚きはすごいものだったと思う。
その上、“男性”の先生が“男性”の部屋へ侵入し、住居侵入で逮捕されたというのだから何とも言い難い話で、驚きはさらに倍増だったことだろう。
この先生は一体何がしたかったのだろう???
先生がこれだけ不祥事を起していると、子供たちや保護者の先生に対する信頼はどんどん失墜していくだろうし、そんな信頼関係がないような状態でいい学級経営や学校運営ができるはずもない。
先生であるからといって『聖人君主』である必要はないと思う。
先生といえど人間には違いないのだから、時には失敗や間違いを起こすこともあるとは思う。
どこかの誰かさんは、失敗や間違いだらけだけど…。(苦笑)
ただ、それには限度があると思うし、何より犯罪は「先生だから…」という以前に、人間として大きな問題なので決して犯してはならないもの。
子供たちに善悪を教える立場の人間として、最低限のモラルは死守すべきであると思う。
今後、このような不祥事が再び起きないことを切に願うばかりである。

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教育について

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.