裏側を見る

投稿日:2009/03/14 更新日:

今日のたっくん&けいごくん。
教室に来たときのたっくんを見てビックリ!!(@_@;)
数日前にケガをしたとのことで、腕には痛々しくギブスが…。
でも、その腕以外はいつものように元気だったので安心しました♪
たっくんの腕を見て、「今日のテーマはちょっと失敗したかな…」と思いましたが、二人揃って元気に取り組んでくれました。
今日の教材はこれ!!
 ↓  ↓  ↓

この教材は、数学者であり、数検協会の会長でもある秋山仁先生も推奨しているもので、点と点を結んで平面を立体に起しながら完成させていくものなので立体や空間図形の勉強にはもってこいの物。
作っていく過程や完成後に表から裏からも見ることで、頭の中に立体のイメージを作り上げていく。
もっと簡単なものとしては“積み木”遊びでもいいんだけど、こういった物をどんどん使ってイメージを膨らませておかないと、上手くイメージできないので問題を解くことができなくなっちゃいます。
特に今の子供たちはテレビゲームなどのバーチャルで平面的なものを使って遊ぶことが多いので、特にこのジャンルの問題を苦手としている子が多いのが現実。
だからこそ、一見遊びに見えるおもちゃ作りでも、知らず知らずのうちにちゃんとした勉強になっているんですよね♪♪(笑)
遊び感覚で取り組んでいるから二人の様子もこのとおり!!
   ↓   ↓   ↓

メッチャ、真剣モードでした。
1時間半ぐらいかけて、二人とも無事に完成。
たっくんはバイク、けいごくんはヘリコプターを作りました☆
完成作品と一緒に‘ハイポーズ!!’パチリッ♪♪

PR

スポンサーリンク

-代表者ブログ, 教室にて

Copyright© NPO Selfish(セルフィッシュ) ♦ 2006-2018 AllRights Reserved.